「金 継 ぎ」について

「金継ぎ」とは陶磁器の破損部分を漆で接着し

金や銀などの装飾を施し、仕上げる日本古来の伝統的な修復方法です。

単なる修理にとどまらず、

その修理跡も器の新しい模様として捉え、

直したものを愛でるという

日本独特の美意識が世界からも注目を集めています。